本文へ移動

山野草お手入れブログ

*姫風知草の植え替え手順*

2019-03-01
NEW
姫風知草(風知草より小型)
① 3年植え替えていない状態
② 水できれいに洗った状態(絡み合っています)
③ 適当な大きさに分けます。
④ 3.5号山野草鉢用意しました。
⑤ 分けた苗を入れます。
⑥ 用土を入れた状態
⑦ 植え付け完了芽が少し出ています。
姫風知草の植え替え
 
今日は姫風知草を植え替えてみましょう。①3年植え替えていない状態、根がまわってパンパンです。 2月中旬から3月初めごろまでが、植え替えの適期です。
 
準備する物は、植え付け用の鉢、今回は3.5号の山野草鉢④を用意しました。用土は、鹿沼土小粒と赤玉土小粒を半々ぐらいで用います。鉢底網と鉢底の排水をよくするための大粒の用土も必要です。大粒の用土は、鹿沼や赤玉や、軽石砂などなんでも大丈夫です。
 
準備が出来たら、まずは去年の株の状態を見てみましょう。(①参照)根がパンパンになっています。植え替え時です。古い土をすべて落として水で洗い芽の状態を確認します。(②参照) 黒いところが新しい芽です。去年の葉は根元から切って有ります。根元にある黒い新芽を切らないようにしましょう。下のほうの絡み合った根は取り除きます。
適当な大きさに手で引っ張るようにして分けます。(③参照)
分けたら、新しく植え付ける鉢の底に、鉢底網と大粒の用土を一並べ入れます。植え付け用の用土を鉢の三分の一ぐらいまで入れて、植え付ける苗を入れてみます。(⑤参照)鉢の上を1センチぐらい残して、用土を入れます。この時黒い新芽が少し出た状態にしましょう。根の間にも土が入るように、細い棒などで軽く土をつつきます。(⑥参照)
 
最後に水をたっぷり、鉢底からザーザー流れるぐらいやって出来上がりです。(⑦参照)
 
後は凍らないところで管理し、水は表面の土が乾いたらたっぷりやります。葉が展開してくるのが楽しみですね。
 
芽が動いてきたらしっかり日に当てます。
 
それでは今日はこの辺で・・・。
TOPへ戻る